×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 石川県・白山市・手取渓谷

  石川県の観光と歴史的建築物(ホーム)白山市>手取渓谷
【 概 要 】−手取渓谷は石川県最大の河川手取川の吉野谷州下吉野から白山下までの8Kmの間に渡る渓谷です。高さは20〜30mの絶壁で綿ヶ滝(滝高さ約32m、水飛沫が綿が揺れている姿が名称の由来)や五色滝などの名瀑が点在し黄門橋や不老橋からの景観が見所となります。特に黄門橋は大智禅師の選んだ吉野10景の1つで絶景の地とされています(元々は大智禅師が学んだ中国の地にあった高門橋に似ていることから高門橋と書いていたそうです。)。 手取渓谷は名称「白山手取川ジオパーク」として、平成23年(2011)に日本ジオパークに認定されています。
スポンサードリンク

白山比盗_社(白山市):周辺の見所

一閑寺 願慶寺 白山比盗_社 手取渓谷 御仏供杉 多川家住宅

 ※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。