×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 中能登町・崇神天皇皇子大入杵命墓

  石川県の観光と歴史的建築物(ホーム)中能登町>崇神天皇皇子大入杵命墓
【 概 要 】−この塚は能登国造能登臣の祖と云われる大入杵命(崇神天皇皇子)の陵墓と伝わるもので、底径67m、頂径20m、高さ14.5mは北陸地方最大級の円墳と云われています。5世紀初頭に築造されたと推定され北陸地方では最古級の歴史があり墳丘を葺石で飾り周囲を堀で囲うなど格式の高さも感じられます。副葬品には鍬形石、三角縁神獣鏡、菅玉などが出土しており朝廷との結びつきが強かったと思われます。崇神天皇皇子大入杵命墓(親王塚)は中能登町指定史跡に指定されています。
スポンサードリンク

崇神天皇皇子大入杵命墓(中能登町):周辺の見所

崇神天皇皇子大入杵命墓 伊須流岐比古神社 白比古神社 石動山

 ※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。